サンワサプライ【SKB-SL18BKN】おすすめのキーボードか?│評価やレビュー・価格 

skb-sl18bknキーボード紹介

今回はサンワサプライ【SKB-SL18BKN】のキーボード紹介です。

メーカーの”商品アピール”を元に詳しくまとめていこうと思います。

ちなみに私は、e-typingでギリギリですが(笑)【模擬試験(特級)⇒合格圏内】ですのでキーボードには多少うるさいです。

タイピング技能検定 特級 模擬試験結果はこちら

スポンサーリンク

【SKB-SL18BKN】おすすめのキーボードか?│評価やレビュー・価格

いきなりおすすめ判定(5段評価)

おすすめ度:★★★★★
※機能と価格を合わせて判断(コスパ重視)

詳細評価

値段   ☆ 4/5

打鍵感  ☆☆ 3/5

打鍵音  ☆ 4/5

見た目  ☆ 4/5

入力精度 ☆ 4/5

総合

★★☆☆ 8/10

講評

ノートパソコンのキーボードのような打ち心地のキーボードです。キーストローク(キーが沈み込む深さ)が浅く、素早いタイピングができます。

本体は無駄が全くないデザインで“コンパクト”かつ“薄い”です。そのため、持ち運びにも適していますが、重量が330gあり、見た目によらず、そこまで軽いわけではありませんので注意してください。

ケーブルの出る方向を変えられる溝があるのもいいですね。

打鍵感・打鍵音

打鍵感は「ぺちぺちぺち」って感じです。ノートパソコンのキーボードの打鍵感と同じですね。

打鍵音は静かだと思います。

価格(保証)について

 

標準価格: ¥4,840(税抜き ¥4,400)
メーカー保証:6か月間
JANコード4969887693407
価格は変動するので、現在の価格は下記よりご確認ください。
SKB-SL18BKN

※Amazon.co.jpアソシエイトリンクを使用しています。
スポンサーリンク

商品アピールに対しての検証

「極限まで小さくした超コンパクトデザイン」とあるがどうなの?

まったく無駄のないデザインですね。横幅30cm未満です。しかし、キーピッチ(キーの間隔)は19mmと一般的なキーボードと同じなので、打ちやすくミスがしにくいです。

「キータッチを楽にするキーボードカーブ」とあるがどうなの?

あまり実感はできません。ですが、キーボードの足を折りたたんでおいた方が打ちやすいのはカーブしているおかげなのかもしれません。

「2段構造のキートップ」で入力ミスは減りそうか?

事実、ミスはしにくいのですが、それが「2段構造のキートップ」のおかげなのかはわかりませんでした。
キーとキーの境目がはっきりしているのは良いです。

「立てて収納」は便利か?

これはかなり便利です。パンタグラフ式のキーボードは分解して洗うことが難しいので、なるべく“ちり”や“ほこり”を溜めたくありません。使わない間立てておけばゴミがたまりにくいですから、これはいい機能ですね。

「ケーブル長:約1.5m」は長い?短い?

かなり余裕のある長さです。

ソフトウエアなどをインストールしなくても使えるか?

使えます。

字の印刷は消えない?

シールなので、長持ちはしないと思います。

ゲーム機には対応していますか?

メーカーのサイトによると、 Nintendo Switch(有機ELモデルを含む)とPlayStation4に対応しているそうです。

スポンサーリンク

仕様および詳細

本体サイズ

サイズ:W293×D115×H19mm
重量:330g

パッケージ内容

  • 本体
  • 説明書

スペック

カラーブラック
キー数85キー
キーピッチ19mm(文字キー以外は除く)
キー表示日本語109A配列
インターフェースUSB
キーストローク2.0±0.2mm
動作力50±20g
キースイッチパンタグラフ
消費電流100mA以下
サイズW293×D115×H19mm
重量約330g
ケーブル長1.5m

◆以上、メーカーより抜粋
SANWA【SKB-SL18BKN】

タイトルとURLをコピーしました